車のドライバー精神のあり方

車で公道を走っていると、様々な通行人がおりますがバス、トラック、バイク、タクシー、バイクといった多種多様な動きをする車たちの存在にも気を配らなくてはなりません。バスやトラックなどの大型自動車とすれ違う際、どのくらいの車幅を想定するべきなのか、また大型車との車間距離の保ち方、バスは停留所で乗り降りる人がいると停留所の前で停車するはずです、そのような予測を前持って予測しておく事がドライバーとしての安全運転にも繋がるでしょう。さらには、街中を走るタクシーは急停止する事もあるであろう事を念頭に入れておきましょう。歩道から通行人が手を挙げれば、タクシーは急停止する事もあるのです。また、停車しているタクシーの影から急に人が飛び出してくる事もあります。タクシーを降りた乗客が、タクシーの前方をすり抜けて反対側の車道を渡ろうとするケースもあるからです。タクシーやバスをみかけたら、急停止、急発進を予測し、その車体の影からは、乗り降りする乗客が飛び出してくるかもしれない感覚を常に持つ事は重要です。ハンドルを握るドライバーとして公道には、常に危険が溢れていると考えをもたなくてはならないのです。