ハンドブレーキと坂道発進

ハンドブレーキをきちんと引いておいて、坂道発進の要領で進むべき踏切もあるわけですから、ローギアでアクセルを強めに踏み込むなどして、十分に安全を確保した上で、一気に渡りきることが重要だ、というふうに言えるでしょ。また、キープレフトの精神は、忘れずに持っておきながら、踏切内ではやや中央寄りを走行することも、ポイントの一つである、という風に言えるでしょう。踏切の端っこは道路がない場合も多く、段差になっている場合などもしばしば見受けられますから、中央寄りを走ることで安全に走行することが出来るわけです。対向車とすれ違う時なども、きちんと注意をしておくことが重要だ、という風に入れそうです。そして、踏切は車だけではなく、バイクや自転車などのほか歩行者なども渡ることが出来るわけですから、一気に渡りきる、という意識を持ちながらも歩行者などに十分に気をつける必要がある、という風に言えそうです。前方を確認しながら、向こう側に、自分自身の車が進むことができる、スペースがあるかどうかを確認した上でギアチェンジをせずに、ローギアで一気に走りきることがポイントのひとつだと言えるでしょう。とりわけ、踏切の場合などには電車の通行の都合上坂道になっていることが多く半クラッチを多めに取り入れるなどして、安全に渡ることがポイントである、と言えそうです。実際のところ、踏切は多くの危険が潜んでおり、毎年多くの事故が起きているということを考えれば、注意しすぎるぐらいに注意しておくことが重要だ、という風にいるでしょう。仮免検定などでは、このようなポイントをきちんとクリアしなければならないという風に言われております。