発進と加速のタイミング

ハンドル操作などが向上してきたからといって、運転が上達したとは言い切れません。いいドライバーというのは、発進や加速の際にも神経を使い、最高のタイミングを捉えられる人のことではないでしょうか。発進や加速のベストタイミングとは、安全を確かめてから発進までの時間が短いということはもちろんですが、それだけでも不十分であり、その素早さとタイミングに見合った力強い加速というものができなければ、結果的に後続車に迷惑をかけてしまうことになりかねません。実際に、運転免許の取得試験では加速不良は減点対象になるため、合宿免許などでも重点ポイントとして指導されているのではないでしょうか。車を発進させる際には、安全確認を確実に行い、わかりやすく合図を出す必要があると言えるでしょう。合図を出すのは「これから発進しますよ」という事を、他の車に知らせるためであり、安全確認と同様、事故を起こさないために出すものと言えるでしょう。そのため、相手にわからないような合図では意味がなく、しっかりと意思表示をするように出すことが重要なのではないでしょうか。安全確認の際には、相手側の注目が自身にあるということまでも確認できるようになると良いでしょう。自分のタイミングだけで発進や加速を行うのではなく、道路全体のペースや、後続車の注意がどこにあるのかという点までを考慮した上で、最適なタイミングであると思うタイミングを合わせて運転することが重要と言えるでしょう。不本意かもしれませんが、周りのタイミングを考えないような暴走車がいる場合にも、そのタイミングを合わせてあげることが、全体の安全につながると考えておくと良いでしょう。