カーブでのハンドル操作

直線道路での苦手意識というのは直線道路共通と言えるため、練習と経験によっては意外とすんなり克服できてしまうものでしょう。しかし、カーブでのハンドル操作というのは、なかなか苦手意識を振り切ることが難しいと言えるでしょう。これは、直線道路というものは、その名の通り、ほとんどの道路が同じように直線ということになりますが、カーブの場合は個性があると言えるからではないでしょうか。一口に「カーブ」といっても、走行する道順などが変われば「カーブ」の種類は当然変わってくるのではないでしょうか。自動車学校や合宿免許などでの練習用のコースでも、だいたい同じコースをくるくると繰り返すだけなため、実際の車道に出てみると、実に様々なカーブに出会い、慌ててしまうという人も少なくはないでしょう。モデルコースを基点として、実践でのカーブ攻略法を身につけていかなければならないでしょう。それぞれのカーブに合わせたハンドル操作が求められるのではないでしょうか。急カーブなどでは、ハンドルを回す量に応じて手を持ち替える必要があるでしょうし、緩やかなカーブではハンドルの復元性(ハンドルが元に戻ろうとする力)といったものを使うことも必要でしょう。緩やかなカーブなどで加速していない場合は、この力を利用してハンドルを戻すことも、楽に運転する技術として取得しておくと良いでしょう。ドライブが好きな人は、実に様々なカーブに出会うことになるでしょう。そういった際に、より楽しいドライブにするためにも、カーブでの安全なハンドル操作というものを極めていけると良いでしょう。直線道路でもカーブ走行でも、基本となるのは「正しい姿勢」と言え、視野を広く持つことが重要なのではないでしょうか。