子供の行動に注意しましょう

小さなお子さんや子供を抱っこして助手席に座っているお母さんを見かけてあきれてしまうことがあります。その状態でもし衝突してしまったらお母さんの体で子供を押しつぶしてしまうからです。それだけではありません。今の車は助手席にもエアバッグが搭載されています。それが事故の瞬間に一気に膨らみます。エアバッグの衝撃というのも相当なものなのです。その衝撃を小さなお子さんの体で受けさせるのでしょうか。六歳までの子供を車に乗せる時にはチャイルドシートを装着し、そこに座らせるというのが義務付けられています。チャイルドシートはお子さんの成長に合わせて大きいのを買わなければならないし、装着するのにひと手間かかったりで面倒だとは思いますが義務付けられているからではなく自身のお子さんのためだと思って当然のように装着してください。すべて新品のチャイルドシートに買い替えるのは経済的に無理だというかたは中古でもよいのです。ただ一度事故にあっているチャイルドシートは一見不備はないように見えてもいざというときに何があるかわからないので控えましょう。

子供が六歳を過ぎたら今度はシートベルトです。よく後部座席にシートベルトをさせないまま子供を乗せている家族連れを目にしますが、これも大変危険です。どんな場合でもシートベルトの着用をさせましょう。もちろん子供を乗せるのは事故になった場合でも衝撃が少ないとされる後部座席がよいでしょう。遊びたい盛りの子供は窓から顔や身を乗り出すなんてことがあります。危ないので後部座席の窓は開かないようにロックしておきましょう。走行中にドアを開けてしまうケースもあるのでこれも必ずロックしておきましょう。またスライドドアの車ならば必ず左のドアから降りるようにさせましょう。右側のスライドドアが開いても後ろから来ている車には伝わっていないことがあります。後ろから来た車がスライドドアが開いていることに気づかず、すぐ横をすり抜けたときに子供が飛び降りたら…なんてことにならないようにね。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です