段ボールを使った運転練習

曲がりくねった道、狭く細い道での車同士のすれ違いなどタクシーの運転手は見事なハンドルさばきを見せてくれます。どうして彼らは運転が上手なのでしょうか。それは彼らがギリギリの車幅感覚、そしてハンドルを切ったときの車の動き方などを感覚的に身に着けているからです。ゆっくりな速度で走っているときのハンドル操作はハンドルの切り方によってどのようにタイヤが動くか、車の角の推移などを感覚として身に着ければ運転技術は段違いに上がります。この感覚を鍛えるためには段ボール箱を利用した練習方法をお勧めします。どこか広い場所で段ボールを利用してコースを作成し、箱に車をぶつけたりしてみて試してみると感覚がつかみやすいと思います。運転席から見ると狭くて通れないと思うような幅でも実際に通ってみると意外に余裕をもって通ることができたりすると思います。段ボールを利用した運転練習をして身に着けた車幅感覚というのは不思議なもので別の大きな車に乗り換えたときにも同じように通用します。たとえ軽自動車で練習していてもそこで身に着けた感覚というのは大きな車に乗っても応用することができるのです。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です