送りハンドル

細い曲がり角や駐車など比較的遅い速度で走行し、大きくゆっくりとハンドルを切る際、左右の腕を交差させながら操作すると思います。これに対して比較的早い速度で走る山道などではもっと俊敏な操作が必要になりますが、それには送りハンドルという技術も無しではないと思っております。これはハンドルを回す際にすばやく手を持ち替えて送り出すように操作するテクニックです。送りハンドルは日本の教習所では行ってはいけないと禁止されているのですが、じつはヨーロッパでは運転技術の基本操作といわれています。送りハンドルは素早くハンドルを操作することができるので比較的早いスピードで走ることの多い外国の交通状況とマッチしているのでしょう。同じ曲がり角を低速で曲がるのと高速で曲がるのとではハンドルを切るタイミングや速さが異なります。ところが多くの初心者ドライバーさんは低速のときも高速のときもあまり変わらないタイミングでハンドルを切ってしまうのでハンドルが遅れてしまうのです。今のハンドルはパワーアシストという機能がついて回転させる量が少なくて済むようになったので送りハンドルをしやすくなりました。送りハンドルのメリットとしてはハンドル操作があわただしくならなくて済むことです。送りハンドルを使いこなすさまはとてもエレガントです。