動きが怪しい車からは離れる

普段走行している車の中には乗用車はもちろん、職業として車を運転している人もいます。バス、タクシー、宅急便のトラック、大型の10トントラック、オートバイなどたくさんの種類の車両が道を走っています。しかし残念ながらみんながみんな安全運転をしているわけではありません。たとえばタクシーはどうでしょう。タクシーは猛スピードで追い抜いてきたかなと思ったら急にハザードを点灯し左側に寄せてお客さんを乗せるなんてこともあります。そしてお客さんを乗せたと同時に強引に右側に割り込んできて加速するなど乱暴な運転をしてくることもしばしば。後ろを走行しているあなたには大迷惑な話ですが、これはタクシーが少しでもお客さんを拾いたいからですね。あるいは大型トラックはどうでしょう。高速道路にて右側の追い越し車線を走行していると、うしろからトラックがぶつかってしまうんではないかというぐらい車間距離を詰めてくることがあります。嫌な気持ちどころか恐怖心を抱きますがこれは重い荷物を載せたトラックというのは一度スピードを落としてしまうとふたたびスピードに乗ることが難しいからですね。なのでなるべくスピードを落とさないようにトラックのドライバーは運転しているのです。というわけでみんなそれぞれ乱暴に見える運転には理由があるのです。心の広いあなたはそれぞれの気持ちをよく理解してあげてください。そしてそのような運転をしている車両からは離れて走行することです。私の場合、空車のタクシーの後ろはなるべく避けて運転するようにしています。もし後ろについてしまったらいきなり左側によって停車し、お客さんを乗せる可能性があるんだということをいつも頭の中に入れておきます。高速道路のトラックには近づきません。追い越せるようならば追い越してトラックとの距離を離すようにしています。それでももし追ってくるようならばすぐに車線変更して道を譲ってしまうのがよいでしょう。タクシーとトラックの運転手がまるで悪者のような書き方をしてしまいましたが、彼らの腕前は確かです。道路にはもっと危険な運転をしている車はたくさんいます。周囲の車をよく観察してください。どちらにしろ怪しい動きをしている車両からはすぐに離れることをおすすめします。