アクセルを踏み込む勇気

ゆっくり走行して入ればどんな時でも安全と勘違いされていませんか?たしかに速度の出しすぎは事故のもとですが、アクセルを踏み込み速度を上げなければ帰って危険な場面というのもあります。例えば、細い道から大通りへ出て流れに乗ろうとしているとき、高速道路に合流するとき、加速しながらの車線変更のときなどが具体的な例です。強い加速が必要な時は低いギアに入れてアクセルを踏み込むとうまくいくのですが、今の時代オートマチック車がほとんどです。しかしオートマチック車でもアクセルの踏み方を少し変えるだけで低いギアで走らせることができるのです。それはアクセルを強く踏み込むだけ。こうすることによって自動的に低いギアに変速され力強い加速を得ることができるのです。これをキックダウンと呼びます。多くの女性ドライバーはアクセルをすこしずつしか踏まないためこのキックダウンが行われないのです。キックダウンをするとエンジンの音が一気に高まるので初心者ドライバーは恐れを抱いてしまうのかもしれません。しかし、心配することはありません。これによって車が壊れるなんてことはありませんし、ハンドルをしっかりと握っていればまっすぐ進みます。恐れずエンジンの音が高まるまでアクセルを強く踏み込むという動作が必要な場面があるのです。いまのオートマチック車はなるべく燃費よく走行しようとするので基本てきには高いギアで走行します。なので強い加速が必要な場面ではキックダウンさせないといつまでもスピードが出ず、かえって危険な目にあうことになってしまいます。また高速道路の長い上り坂で渋滞が発生することがあります。これは自分ではスピードは変わっていないと思っていても坂道のため速度が落ち、それが連鎖して渋滞してしまうからです。なので高速道路で上り坂になってきたなと思ったらほんの少しだけ気持ち強めにアクセルを踏むと渋滞をつくらせず、周りの人の迷惑にならなくて済みます。