ハンドルの持ち方

正しい姿勢でシートに座ったら次はハンドルの持ち方を見てみましょう。教習所では10時10分の位置に握るように教わると思います。もちろんこれは正しいですが別に必ず10時10分でないといけないわけではありません。ハンドルの円周の部分をなるべく広く、両手でしっかりと握ることができていればあるていどどのような持ち方でも問題はないと思います。長い距離を走行するときなどにずっと10時10分の位置を順守していると疲れてしまいます。私の場合はその時々によって握る位置は変わります。ただ、疲れてしまうからと言ってハンドルの下の部分を両手でもつような握り方は避けてください。パっと見運転になれているように見えますが、これではとっさのハンドル操作ができなくなってしまうのです。またハンドルの上に両手を置くような持ち方の方もいますがこれも同様にとっさのハンドル操作に支障が出てしまうため絶対にやめてください。初心者ドライバーの中にはハンドルを強く握りしめて、肩に力が入りすぎているひとがいます。まっすぐ走ろうとして緊張しているのでしょうか、じつはこれは逆効果になってしまいます。車のハンドルは走行しているときは常に直進の位置に戻るようになっています。ハンドルをいったん切って、走りながら手を離すとするすると元に戻ろうとすると思います。この動きがあるから車はまっすぐ走行することができるんです。それなのにハンドルを力強く握って、肩に力が入ってしまっているとハンドルがまっすぐのところに戻ることができずに進路がふらついてしまうというわけです。肩の力、腕の力を抜いて、ハンドルが戻ろうとする力に抵抗しなければ車は自動的にまっすぐ進みます。よく見るのは逆手ハンドルです。今の車はパワーステアリングという機能がついているためハンドルを回すのに力はいりません。逆手ハンドルが癖になってしまうとこれもまたとっさのハンドル操作ができなくなってしまうので絶対にやめてください。

免許を取りたての方や合宿免許などを検討している方は力を抜いて運転することを意識するといいかもしれません。